プロミス増枠

プロミス増枠を活用するには

消費者金融としてSMBCコンシューマーファイナンスプロミスは大手の名をほしいままに人気を独占している状況です。
何と言っても初めての申し込みであれば無利息期間が30日も適用されることが初めてのキャッシングには取り掛かりやすさを出しています。
また無利息期間を利用するためにはポイントサービスに登録する必要がありますが、これもまたプロミスオリジナルのサービス。
ポイントサービスとは借り入れや返済はもちろんのこと、メール受信などの細かなところまでにポイントが付与されるものでありその集めたポイントをまたプロミスで使うことができます。
どのようにプロミスで使えるのか気になるところでしょう。
実はプロミスの無利息期間と交換することができるものです。
利用者にメリットが多い、それがプロミスが人気の理由になっているのでしょう。

 

使いやすい消費者金融、だからこそ増額を希望したいときには利用しているプロミス増枠を考えたほうがよいものです。
他社からの新規借り入れによって金額を増やすという方法もありますが、借り入れ件数が増えれば増えるほどにメリットはなくなっていくもの。
それであればプロミス増枠によって金額を増やした方が安心です。
利用実績によって審査も通過しやすくなりますので新たに借り入れ先を増やすよりも確率は高くなります。

 

利用実績というのはすなわち返済をしっかりと行っているのか、または変更事項の届け出は行っているのかということ。
これをしっかりと守っていれば増枠は難しいところではありません。

 

実際に借入する時は、消費者金融の金利比較ランキングなど参考にしてみると良いかもしれません。

複数からのキャッシングと限度額

キャッシングである程度まとまった金額を借りたい!と思っても、新規で契約した場合はとくに、すぐさまその希望額を借りれるということにはなりません。最高限度額500万円などとうたっていても、実際利用限度額を上げるにはそれなりに積み重ねた信用が必要になりますし、新規の場合は一般的に、多くても50万円までの借り入れしかできません。

 

希望する額を借りるためにはどうしたらいいのでしょうか。限度額がすぐにあげることができないのであれば、複数社から借り入れをすることを検討するでしょう。100万円借りたいとしても、1社で50万円、2社で25万円ずつだったらなんとか借りれるのでは…と思うかもしれません。確かにこの方法であれば、小額ずつだったら審査に通る可能性も高いですから行けそうな気もしますが、無闇に借り入れ件数を増やすのには注意が必要です。

 

キャッシング会社は他社借り入れ件数について、こちらが思う以上に気にしています。借入額ではなく借り入れしている会社の件数です。借り入れ件数が多くなるとどういったことが起こるのかというと、3社、4社と増えるあたりから新規での借り入れ申し込みが通りづらくなってきます。また、そのうちのどこかで限度額の増額をしたいと思っても、契約中に他社借り入れを増やした場合、増額審査に大変不利になる可能性が高いのです。

 

借り入れ件数が多くなれば、それだけ返済の延滞などのトラブルも起きやすくなるでしょう。一方、同じだけの額を1社から借りた場合はというと、反対に「1社からこれだけまとまった額を借りれるというのは信用が高いからだ」というふうに評価をされるそうです。今後のキャッシングを有利にしていきたいのであれば、少し時間はかかりますが、限度額を上げる方向で希望額を借りたほうがよさそうです。

プロミスをセブンイレブンで利用したときの手数料は?

セブンイレブンに設置してあるセブン銀行で、プロミスカードによる借り入れや返済を利用することができるようになっています。全国どこでもあるセブン銀行でプロミスを利用できるのは、大変便利なことこの上ないですよね。

 

しかし、セブンイレブンに設置のセブン銀行は、プロミスの提携ATMということになりますので、利用時に手数料がかかってしまいます。手数料がどれぐらいかかるのかは、金額に応じて決まっています。

 

借り入れをするときは、取引金額が1万円以下であれば手数料は105円、1万円を超えた額ならば210円となっています。同様に返済のときも1万円以下の取引金額なら105円、1万円を超えた返済額なら210円となります。

 

また、この借り入れや返済の時に発生する手数料は、それぞれ支払うタイミングが違っています。借り入れのときに発生する提携ATM手数料は次回の返済のときに清算することになっています。また、返済の時に発生する提携ATM手数料は、返済とあわせて負担することになっています

 

基本的にコンビニが営業している時間はいつでも利用可能と考えてよいのですが、コンビニのメンテナンスの時間があります。また、プロミスのメンテナンスの時間もありますので、利用できない時間帯もあります。

 

プロミスは提携ATMもとても多く、もちろんプロミスATMも全国どこでも利用できます。さらに他の借り入れや返済方法も豊富ですから、自分の仕事やレジャーなどさまざまなタイミングでいろいろな場所で自在に利用することができます。お財布がわりにプロミスを使って、上手なマネープランを実行していくことも可能です。